レコードをビジネスエンティティに読み込む - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

このシナリオは、Talend MDMプラットフォームおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、MDMハブの特定のデータモデルによって定義されたProductFamilyビジネスエンティティにレコードをロードするジョブについて説明します。

前提条件:

  • Productデータコンテナー: このデータコンテナーは、製品マスターデータドメインを他のマスターデータドメインから分離するために使います。

  • Productデータモデル: このデータモデルは、目的とするエンティティの属性, 検証ルール、ユーザーアクセス権、および関係を定義するために使います。したがって、ProductFamilyビジネスエンティティの属性を定義するものです。

  • ProductFamilyビジネスエンティティ: このビジネスエンティティには、Id, Nameが含まれています。どちらもProductデータモデルで定義されています。

データコンテナー、データモデル、およびビジネスエンティティをその属性と共に作成する方法の詳細は、 Talend Studio MDM StudioユーザーガイドでMDMの部分を参照してください。

このシナリオのジョブでは3つのコンポーネントを使います。

  • tFixedFlowInput: このコンポーネントは、ProductFamilyビジネスエンティティにロードされるレコードを生成します。実際のプロジェクトでは、読み込まれるレコードは膨大な量になり、特定のファイルに保管されます。ただし、このシナリオのレプリケーションを簡略化するために、このジョブではtFixedFlowInputを使って4つのサンプルレコードを生成します。

  • tWriteXMLField: このコンポーネントは、着信データをXML構造に変換します。

  • tMDMBulkLoad: このコンポーネントは、受信データをバルクモードでProductFamilyビジネスエンティティに書き込み、各レコードデータのID値を生成します。