MDMからマスターデータを読み取るためにtMDMInputの詳細設定を指定する - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

手順

  1. [Component] (コンポーネント)ビューで[Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックします。
  2. [Loop XPath query] (ループXPathクエリー)フィールドで、ループが基準としている引用符の間に/Productと入力します。
  3. [Mapping] (マッピング)テーブルの[XPath query] (XPathクエリー)カラムに、マスターデータを収集するXMLノードの名前を、対応する出力カラム名の横に入力します。
  4. Colors行の[Get Nodes] (ノードの取得)チェックボックスをオンにして、XMLノードとそのデータを取得します。