MDMからステージングデータを読み取るための接続を設定する - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

手順

  1. tMDMInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Property Type] (プロパティタイプ)リストの[Built-In] (組み込み)をクリックします。
  3. [Schema] (スキーマ)リストで[Built-In] (組み込み)を選択し、[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、MDMサーバーから読み取るステージングデータの構造を定義します。
    この例では、Customerエンティティから3つのエレメントをフェッチするための3つのカラムが定義されています: account_numberlastnamefirstname
  4. スキーマを定義したら、[OK]をクリックしてこのダイアログボックスを閉じ、[Propagate] (伝播)ダイアログボックスで[Yes] (はい)をクリックして、スキーマの変更をtLogRowにプロパゲートします。
  5. [MDM version] (MDMバージョン)リストにデフォルトのServer 6.0を保持し、URLフィールドにはデフォルトのURLを保持します。
  6. MDMサーバーにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力します。
  7. [Entity] (エンティティ)フィールドに、ステージングデータを照会するビジネスエンティティの名前を引用符で囲んで入力します。
  8. [Data Container] (データコンテナー)フィールドに、読み取るステージングデータを保持するデータコンテナーの名前を引用符で囲んで入力します。
  9. [Type] (タイプ)リストから[Staging] (ステージング)を選択します。