ステージングデータをクエリーするためのクエリー条件と詳細設定を設定する - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

手順

  1. [Operations] (操作)エリアで[+]ボタンをクリックして、1つの新しい行を追加します。そこではクエリー条件を定義します。
  2. Xpathカラムで、引用符の間にCustomer/metadata:staging_statusと入力します。
    この例では、データモデルに対する検証の問題が原因でMDM検証フェーズに合格しなかったステージングデータをクエリーします。そのステージングデータのステータスは403です。詳細については、 Talend MDM Web UIユーザーガイドのステージングエリアのレコードの操作に関するセクションを参照してください。
    注:

    エンティティで定義されたエレメントとは異なり、メタデータエレメントは組み込みエレメントです。ステージングデータベースのレコードからメタデータエレメントをクエリーするには、クエリーを実行するXMLノードを選択するためのパス式を定義する時に、metadata:staging_<source|status|error|blockkey|hastask>のフォーマットに従う必要があります。

  3. [Function] (関数)リストで[Equal] (等しい)を選択します。
  4. [Value] (値)カラムの引用符の間に403と入力します。
  5. [Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックします。
  6. [Loop XPath query] (ループXPathクエリー)フィールドで、ループが基準としている引用符の間に/Customerと入力します。
  7. [Mapping] (マッピング)テーブルの[XPath query] (XPathクエリー)カラムに、ステージングデータを収集するXMLノードの名前を、対応する出力カラム名の横に引用符で囲んで入力します。
    この例では、Customerエンティティに関連する3つのエレメント、account_numlnamefnameが照会されます。