tMDMOutputの詳細設定 - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

手順

  1. [Component] (コンポーネント)ビューで[Advanced settings] (詳細設定)をクリックし、tMDMOutputコンポーネントの詳細パラメーターを設定します。
  2. マスターデータをバッチでコミットする場合は、[Extended Output] (拡張出力)チェックボックスをオンにして、[Rows to commit] (コミット行数)フィールドでバッチごとの行数を指定します。
    [Configure XML Tree] (XMLツリーの設定)の横にある[...]をクリックし、tMDMOutputエディターを開きます。
    または、tMDMOutputをダブルクリックしてエディターを開きます。
  3. 右側の[Link target] (リンクターゲット)エリアで、[XML Tree] (XMLツリー)フィールドをクリックし、rootTagを、データレコードを挿入するビジネスエンティティの名前(この例ではAgency)に置き換えます。
  4. [Linker source] (リンカーのソース)エリアで、2つのスキーマカラムIdNameを選択し、[Agency] (エージェンシー)ノードにそれぞれドロップします。
    [Selection] (選択)ダイアログボックスが表示されます。
    [Create as sub-element of target node] (ターゲットノードのサブエレメントとして作成)オプションを選択して、2つのカラムが[Agency] (エージェンシー)ノードの2つのXMLサブエレメントにリンクされるようにします。
  5. ルートノード[Agency] (エージェンシー) を右クリックし、[Add Sub-element] (サブエレメントの追加)を選択します。
    ポップアップダイアログボックスで、新しいサブエレメントの名前を入力します。この例ではOfficesです。
    同じ手順を繰り返して、[Office] (オフィス)ノードの3つの新しいサブエレメント[Office] (オフィス)を作成します。これは、ビジネスエンティティ[Agency] (エージェンシー)の複数出現エレメントOfficesに対応します。
  6. [Linker source] (リンカーソース)エリアで、3つのスキーマカラム、Office_R_and_DOffice_SalesOffice_Servicesを選択し、3つの新しいOfficeノードにそれぞれドロップします。
    [Selection] (選択)ダイアログボックスが表示されます。
    3つのカラムが[Offices] (オフィス)ノードの3つのXMLサブエレメントにリンクされるように、[Create as sub-element of target node] (ターゲットノードのサブエレメントとして作成)オプションを選択します。
  7. [Ok]をクリックして、次の手順に進みます。
  8. ループエレメントとして設定する[Link Target] (リンクターゲット)エリアで、エレメントを右クリックし、コンテキストメニューから[Set As Loop Element] (ループエレメントとして設定)を選択します。
    この例では、Idが反復オブジェクトです。
  9. [OK]をクリックして変更を有効にし、ダイアログボックスを閉じます。