ステージングデータをMDMに書き込むためのtMDMOutputの詳細設定を指定する - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

手順

  1. [Component] (コンポーネント)ビューで[Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックします。
  2. [Configure XML Tree] (XMLツリーの設定)の横にある[...]をクリックし、tMDMOutputエディターを開きます。
    または、tMDMOutputをダブルクリックしてエディターを開きます。
  3. 右側の[Link target] (リンクターゲット)エリアで、[XML Tree] (XMLツリー)フィールドをクリックし、rootTagを、データレコードを挿入するビジネスエンティティの名前(この例ではCustomer)に置き換えます。
  4. この例では、ネームスペースを追加して、データをメタデータエレメントsourceに書き込みます。
    1. Customerノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Add Name Space] (ネームスペースの追加)を選択します。
    2. [Namespace dialog] (ネームスペースダイアログ)ダイアログボックスで、[Prefix] (プレフィックス)フィールドにmetadata[Namespace Value] (ネームスペース値)フィールドにhttp://www.talend.com/mdm/metadataを入力します。
    3. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  5. [Linker source] (リンカーのソース)エリアで、5つのスキーマカラムを選択し、それぞれを[Customer] (顧客)ノードにドロップします。
    [Selection] (選択)ダイアログボックスが表示されます。
  6. [Create as sub-element of target node] (ターゲットノードのサブエレメントとして作成)オプションを選択し、[OK]をクリックします。
  7. [XML Tree] (XMLツリー)カラムで、エレメント名をCustomerエンティティまたはメタデータエレメントで定義した対応するエレメントに変更します。

    エンティティで定義されたエレメントとは異なり、メタデータエレメントは組み込みエレメントです。レコードのメタデータエレメントをステージングデータベースに書き込むには、XMLノードを選択するためのパス式を定義する時に、metadata:staging_<source|status|error|blockkey>のフォーマットに従う必要があります。

  8. ループエレメントとして設定する[Link Target] (リンクターゲット)エリアで、エレメントを右クリックし、コンテキストメニューから[Set As Loop Element] (ループエレメントとして設定)を選択します。
    この例では、Idが反復オブジェクトです。
  9. [OK]をクリックして変更を有効にし、ダイアログボックスを閉じます。