MDMサーバーから削除するデータを指定する - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)を表示します。
  2. [Schema] (スキーマ)リストで[Built-In] (組み込み)を選択し、[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、MDMサーバーにマスターデータの部分的な削除に使うマスターデータの構造を定義するダイアログボックスを開きます。
  3. [+]ボタンをクリックし、[String] (文字列)型のカラム3つを追加します。
    この例では、カラムにIdNameRemove_Officeという名前を付けます。
  4. [OK]をクリックして変更を保存します。
  5. 生成するデータの行数を[Number of rows] (行数)フィールドに入力します。
  6. [Mode] (モード)エリアで[Use Single Table] (シングルテーブルを使う)オプションを選択します。
  7. [Value] (値)フィールドに、各スキーマカラムに対応する値を入力します。
    この例では、Parisのオフィスが削除されます。