MDMにステージングデータを書き込む - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

このシナリオは、Talend MDMプラットフォームおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、MDMサーバー上のデータコンテナーのステージングエリアに生成されたデータレコードを書き込むコンポーネント2つののジョブについて説明します。

前提条件:
  • MDMサーバーが実行されていることを確認します。

  • Customerデータコンテナー、およびCustomerエンティティのあるCustomerデータモデルが作成済みであることを確認します。詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

  • 適切なユーザー認証とデータモデルCustomerに対するアクセス権のあるロールが割り当てられていること。

この例では、Customerデータモデルは、次のようにIdaccount_numfname、およびlnameのエレメントで設計されています。