tMDMSP標準プロパティ - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtMDMSPを設定するために使います。

Standard tMDMSPコンポーネントはTalend MDMファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

Schema (スキーマ)およびEdit schema (スキーマを編集)

SPでは原則的に、スキーマは入力パラメーターになります。

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。

このコンポーネントのスキーマは読み取り専用です。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用) 定義済みのtMDMConnectionコンポーネントを使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。

[MDM version] (MDMバージョン)

デフォルトでは、Server 6.0が選択されています。既存のジョブをこの新しいバージョンに移行することをお勧めしますが、[Server 5.6] (サーバー5.6)オプションを使って、ジョブの移行プロセスを容易にし、6.0サーバーで変更を行わずにジョブの動作を続けることができます。そのためには、サーバー上のオプションを有効にして、そのようなジョブからの要求を受け入れて変換する必要があります。

URL

MDMサーバーのURLを入力します。

Username (ユーザー名)Password (パスワード)

MDMサーバーのユーザー認証データを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

データコンテナー

呼び出すプロシージャーを保管するデータコンテナーの名前を入力します。

Type (タイプ)

[Master] (マスター)または[Staging] (ステージング)を選択して、アクションを実行するデータベースを指定します。

プロシージャー名

ストアドプロシージャーの正確な名前を入力します。

パラメーター(順番に)

[+]ボタンをクリックし、プロシージャーで必要とされるさまざまな[Input Columns] (入力カラム)を選択します。

注:

SPスキーマには、プロシージャーで使われているパラメーターを超える数のカラムを含めることができます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルで処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは、中間コンポーネントとして使用されます。開始コンポーネントとして使えますが、プロシージャーの呼び出しに入力パラメーターは不要です。出力リンクが必要です。

このコンポーネントを使ってジョブのタイムアウト値を増やすと、多数のデータレコードの処理に役立ちます。詳細については、Talend Help Center (https://help.talend.com)のMDMコンポーネントを使うジョブのタイムアウト値という記事で、JVMパラメーターの詳細な実行設定を参照してください。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): [Main] (メイン)

[Trigger] (トリガー): Run if; On Component Ok; On Component Error, On Subjob Ok, On Subjob Error

受信リンク(あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): Main, Iterate;

[Trigger] (トリガー): Run if, On Component Ok, On Component Error, On Subjob Ok, On Subjob Error

接続に関する詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。