tMDMSPを使用してストアドプロシージャを実行する - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

このシナリオは、Talend MDMプラットフォームおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、ジョブは最初にパラメーターを生成し、tMDMSPに送信します。このコンポーネントは事前定義済みのストアドプロシージャーを実行し、返された実行結果からデータを抽出し、抽出されたデータをコンソールに示します。

前提条件:
  • MDMサーバーが実行されていることを確認します。

  • MDMデモプロジェクトがインポート済みで、ジョブMDM_LoadAllを実行することにより、サンプルデータをデータコンテナーProductにロード済みであること。

  • 適切なユーザー認証とデータモデルProductに対するアクセス権のあるロールが割り当てられていること。

  • ProductSelectionという名前のストアドプロシージャーが作成済みで、このストアドプロシージャーがMDMサーバーにデプロイ済みであること。

このサンプルでは、ストアドプロシージャーProductSelectionは、価格範囲内のProductデータレコードの2つのフィールド、NamePriceをクエリーするようにデザインされています。

ストアドプロシージャーの使用方法の詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。