既存のビューを介してMDMハブからレコードを取得する - 7.3

MDM data processing

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDMデータ処理コンポーネント

このシナリオは、Talend MDMプラットフォームおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、XML構造のデータレコードを取得するコンポーネント2つのジョブについて説明します。

この例では、 Talend Studio から作成したBrowse_items_Productビューを介してProductエンティティからTシャツの情報を選択します。エンティティの各レコードには、フィルター条件として定義された詳細(IdNameDescriptionPrice)が含まれています。

  • [Palette] (パレット)からtMDMViewSearchtLogRowをデザインワークスペースにドロップします。

  • [Row](行) [Main] (メイン)リンクを使ってコンポーネントを接続します。

  • [Component] (コンポーネント)タブでtMDMViewSearchをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)を表示し、コンポーネントのプロパティを設定します。

  • [Schema] (スキーマ)リストで[Built-In] (組み込み)を選択し、[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、書き込むXMLデータの構造を定義するダイアログボックスを開きます。

  • [+]ボタンをクリックして、[String] (文字列)型のカラムを1つ追加します。カラムにTshirtという名前を付けます。

  • [OK]をクリックして作成を確定し、次の手順に進みます。

  • [XML Field] (XMLフィールド)フィールドで、取得したデータを書き込むカラムとしてTshirtを選択します。

  • MDMサーバーのアドレスをURLフィールドで使い、対応する接続データを[Username] (ユーザー名)および[Password] (パスワード)フィールドに入力します。

  • [Data Container] (データコンテナー)フィールドにコンテナー名Productを入力します。

  • [View Name] (ビュー名)フィールドにビュー名Browse_items_Productを入力します。

  • [Operations] (操作)テーブルの下で[+]ボタンをクリックして、このテーブルに1行を追加します。

  • [Operations] (操作)テーブルで、XPathProduct/Nameとして定義します。これは、フィルタリング操作がNameノードで実行されることを意味します。次に、[Function] (関数)カラムでContainsを選択し、[Value] (値)カラムにTshirtと入力します。

  • [Order (One Row)] (順序(1行))テーブルの下で[+]ボタンをクリックして、このテーブルに1行を追加します。

  • [Order (One Row)] (順序(1行))テーブルでXPathProduct/Idとして定義し、[Order] (順序)カラムにascという順序を選択します。

  • デザインワークスペースでtLogRowをクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、プロパティを設定します。

  • スキーマの編集に使われる[...]ボタンの横にある[Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。

  • [F6]を押してジョブを実行します。

[Run] (実行)ビューにドッキングされたコンソールで、取得したTshirtレコードをXML構造で読み取ることができます。これらのレコードは昇順で並べ替えられています。