データレコードのエクスポート - 7.3

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス
特定の検索条件の結果であるデータレコードをMDMサーバーからお使いのコンピューターにコピーできます。これにより、データレコードのローカルコピーを使用し、変更を加えて、レコードを再び、たとえばMDMサーバーにインポートできます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。

  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

  • 管理するマスターデータが保存されているデータコンテナーが選択済みであること、およびマスターデータを照合するデータモデルが検証されるようになっていることを確認します。

このタスクについて

検索条件のすべてのレコードの結果をエクスポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. 特定の検索条件に従ってデータレコードを検索してリスト表示します。
    エクスポートするデータレコードには、リスト内で使用できるフィールドのみが含まれており、これはビュー内で定義した内容によって異なります。

    例え

  2. エクスポートするデータレコードを選択し、メニューバーで[Import and Export] (インポートとエクスポート)をクリックします。
  3. [Export] (エクスポート)を選択して、[Export File] (エクスポートファイル)ダイアログボックスを開きます。

    例え

    複数値の区切りが指定済みであることを確認します。指定していないと、予測しないエラーが発生します。
    選択した内容に応じて、外部キーエレメントは次のいずれかの方法でエクスポートできます。
    • [Resolve Foreign Key] (外部キーの解決)チェックボックスをオンにしていない場合は、外部キーIDのみがエクスポートされ、ブラケットで囲まれます。たとえば、[FKid1][FKid1][FKid2][FKid1][FKid2]|[FKid3]のようになります。

    • [Resolve Foreign Key] (外部キーの解決)チェックボックスをオンにして、[Display Type] (タイプの表示)リストからId-FKInfoを選択すると、エクスポートされた外部キーエレメントの値にはIDと外部キー情報の両方が含まれます。たとえば、[FKid1]|FKinfo1[FKid1][FKid2]|FKinfo1[FKid1]|FKinfo1|FKinfo2のようになります。

    • [Resolve Foreign Key] (外部キーの解決)チェックボックスをオンにして、[Display Type] (表示タイプ)リストからIFKInfoを選択すると、エクスポートされた外部キーエレメントの値には外部キー情報のみが含まれます。たとえば、FKinfo1FKinfo1|FKinfo2のようになります。

  4. 検索結果をエクスポートするファイルのタイプをExcelまたはCSVのどちらかに指定します。このサンプルではExcelを指定しており、検索結果はxlsxファイルにエクスポートされます。
  5. [Export] (エクスポート)をクリックし、ダイアログボックスが開いたらその指示に従い、エクスポートオペレーションを完了します。従う手順はオペレーティングシステムによって異なります。

    例え

  6. [Save File] (ファイルを保存)オプションを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。リスト表示されているレコードはすべて、MDMサーバーからお使いのコンピューターにxlsxファイルでコピーされます。
    ここで、レコードに必要な変更を加え、MDMサーバーにインポートします。