データレコードのインポート - 7.3

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス
データレコードをローカルxlsxファイルまたはcsvファイルからMDMサーバーにインポートできます。通常、これらのレコードは、大量の変更を行うために、MDMサーバーからローカルコピーにエクスポートされるものです。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。

  • データレコードがサーバーからお使いのコンピューター上のローカルコピーにコピー済みであること。

  • 管理するマスターデータが保存されているデータコンテナーが選択済みであること、およびマスターデータを照合するデータモデルが検証されるようになっていることを確認します。

このタスクについて

データレコードをローカルファイルからMDMサーバーにインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. Talend MDM Web UI[Master Data Browser] (マスターデータブラウザー)ページを開きます。
  2. データレコードのインポート先とするエンティティを選択し、[Search] (検索)ボタンをクリックして、選択したエンティティ内のすべてのレコードをリスト表示します。

    例え

  3. メニューバーで[Import and Export] (インポートとエクスポート)をクリックし、リストを開きます。
  4. [Import...] (インポート...)を選択し、[Upload data] (データのアップロード)ダイアログボックスを開きます。

    例え

  5. [Browse...] (参照...)ボタンをクリックし、ダイアログボックスが開いたらその指示に従い、インポートするデータレコードが保存されているファイルをアップロードします。
    次の点にご注意ください。
    • 日付タイプのエレメントを持つレコードをインポートする時は、エレメントをyyyy-MM-ddの形式で指定する必要があります。

    • 複数値の区切りが指定済みであることを確認します。指定していないと、予測しないエラーが発生します。

    インポートするデータレコードに外部キーエレメントを含めるには、次の形式で指定します。

    • 1つの外部キーID (ブラケットありまたはなし)のみ。たとえば、FKid1または[FKid1]

    • 1つの外部キーID (ブラケットありまたはなし)と外部キー情報、たとえば、FKid1|FKinfo1[FKid1]|FKinfo1、または[FKid1]|FKinfo1|FKinfo2

    • 複数の外部キーID (ブラケットありまたはなし)のみ。たとえば、FKid1|FKid2、または[FKid1]|[FKid2]

    • 複数の外部キーID (ブラケットあり)と外部キー情報、たとえば、[FKid11][FKid12]|FKinfo1[FKid1]|FKinfo1|[FKid2]|FKinfo2、または[FKid11]|[FKid12]|FKinfo1|[FKid21][FKid22]|FKinfo2

    警告: コンポジット外部キーエレメントのID値は、必ず別々にブラケットで囲みます。たとえば、[FKid1][FKid2][FKid1][FKid2]|[FKid3]、または[FKid11][FKid12]|[FKid21][FKid22]
    注:
    • インポートファイル内に外部キーの値を持つ新しいレコードがある場合、その外部キーエレメントに対する追加アクセス権がなければ、外部キーの値は追加されません。
    • インポートファイル内に更新する外部キーの値を持つレコードがある場合:
      • 外部キーの値の数が大きくなると、外部キーの値は、その外部キーエレメントに対する追加アクセス権がある場合にのみ更新できます。
      • 外部キーの値の数が小さくなると、外部キーの値は、その外部キーエレメントに対する削除アクセス権がある場合にのみ更新できます。
      • 外部キーの値の数が変わらない場合、外部キーの値は、その外部キーエレメントに対する追加または削除アクセス権があってもなくても更新されます。
  6. 必要に応じて、[Use Partial Update] (部分更新の使用)チェックボックスをオンにして、すべてのフィールドを更新するのでなく、既存のデータレコードのフィールドを部分的に更新します。
    既存のデータレコードを識別するために、アップロードされるファイル内のIDフィールドが最初に検証されます。
  7. [Submit] (送信)をクリックします。進行状況情報バーが表示され、確認メッセージが続きます。
    アップロードファイルに有効なフィールド値が含まれていることを確認します。たとえば、アップロードファイルに無効なフィールド値が含まれていることなどが原因で、インポート中にエラーが発生した場合は、エラーメッセージが表示され、アップロードファイル内のデータレコードはどれもインポートされません。
    注: ローカルファイルに含まれているレコード数によっては、インポートオペレーションには時間がかかる場合があります。
  8. [OK]をクリックして、確認のメッセージを閉じます。ローカルファイル内のすべてのデータレコードがMDMサーバーにインポートされます