ワークフロータスクを管理(非推奨) - 7.3

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス
7.3.1 R2021-06リリース以降、Talend MDM Bonita BPM Integrationは非推奨となっています。代替方法として、次のコンポーネントとサービスを使用できます。
  • Data Integration BonitaのコンポーネントであるtBonitaDeployとtBonitaInstantiateProcess
  • お使いのBonitaインスタンスに接続しているAPIサービス
注: Data Integration BonitaのコンポーネントであるtBonitaDeployとtBonitaInstantiateProcessには変更はありません。
これからのMDM Bonita BPM Integrationに関する質問があれば、Talendサポートにお問い合わせください。

ワークフローとは、Talend Studioでデザインされた、互いに接続された一連のステップのことです。これらのステップは、自動的な介入、またはTalend MDM Web UIを使用した人手による介入を必要とします。

Talend MDM Web UIには[Workflow Console] (ワークフローコンソール)が提供されており、ワークフローを管理するための専用のWebポータルに直接移動できます。特定のワークフローがトリガーされると、必要な人手による介入がBonita BPM Webポータルページにリスト表示され、許可されているユーザーは、ワークフローに含まれているすべてのタスクを実行する必要があります。

Bonita BPM Webポータルでワークフロータスクを管理するには、MDMユーザーに関する情報がBPMサーバーと同期されている必要があります。ワークフローユーザーを手動で同期する方法の詳細は、ワークフローユーザーを手動で同期するを参照してください。

Bonita BPM Webポータル内のBonitaアドミニストレーターは、組織、ユーザー、およびタスクを表示および管理する権限をユーザーに付与するプロファイルです。Bonita Administratorプロファイルに関連付けるのは、管理ロールを持つユーザー(System_Admin)のみとすべきです。すべてのMDMユーザーは、Bonitaユーザープロファイルに関連付けられるべきです。

Bonitaユーザーとしてワークフロータスクを管理する方法については、ワークフロータスクをBonitaユーザーとして管理するを参照してください。

Bonitaアドミニストレーターとしてワークフロータスクを管理する方法については、ワークフロータスクをBonitaアドミニストレーターとして管理するを参照してください。