Talend Data Stewardshipでデータレコードを開く - 7.3

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス

Talend Data Stewardship Talend MDM と統合し、統合マッチングプロセスで生成されたマージングタスクを処理するために使用できます。マージングタスクについては、Talend Data Stewardshipのドキュメンテーションを参照してください。

統合マッチングプロセスが終了すると、関連するマージングタスクに関連付けられたデータレコードに[Open Task] (タスクを開く)オプションが使用できます。専用ユーザーはこのオプションを使用してTalend Data Stewardshipにアクセスし、関連するマージングタスクの詳細を表示できます。

注: マッチングとサバイバーシップのプロセスの後で、ゴールデンレコードのステータスが205である場合、[Open Task] (タスクを開く)オプションはデータレコードとそのソースステージングデータレコードに使用できません。

必要な場合は、[Menu] (メニュー)ペインで[Govern] (統制) > [Data Stewardship]の順にクリックし、Talend Data Stewardship Webアプリケーションのホームページに直接アクセスできます。

始める前に

  • Talend Data StewardshipとMDMの統合が有効になり、適切に設定されます。

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でMDMロールが割り当てられていること。

  • タスクへのアクセス権がある認証情報を使用して、Talend Data Stewardshipにログインできます。

このタスクについて

Talend Data Stewardshipでタスク/レコードの詳細を開くには、次の手順に従います。

手順

  1. 目的のレコードをWebユーザーインターフェイスで検索してリスト表示します。
  2. データレコードをクリックし、関連するすべての表示可能な属性を右パネルに表示します。

    例え

  3. [More...] (詳細...)をクリックし、[Open Task] (タスクを開く)を選択して、関連付けられたTalend Data Stewardshipタスクを開きます。

    例え