エンティティ内のステージングデータレコードを開く - 7.3

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス
Talend MDM Web UI[Staging Data Browser] (ステージングデータブラウザー)メニューでは、特定のデータコンテナー内の特定のエンティティに関連するステージングデータレコードを参照できます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。

  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。

  • 管理するステージングデータレコード、およびステージングデータを検証する基となる対応するデータモデルが保存されているデータコンテナーを選択していること。

  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。

このタスクについて

特定のエンティティに関連するステージングデータレコードについて、その生成されたビューを開くには、次の手順に従います。

手順

  1. 目的のレコードを[Staging Data Browser] (ステージングデータブラウザー)ページで検索します。

    例え

    このページは常に、特定のエンティティに関連するステージングデータレコードのリストで開きます。デフォルトでリスト内の最初のレコードが選択されており、その詳細が右パネルに表示されています。
  2. このリストから、特定のステージングデータレコードをクリックし、その詳細を右側のペインに表示するか、またはレコードを右クリックしてコンテキストメニューを表示します。

    例え

  3. コンテキストメニューから、以下のように選択します:

    オプション

    内容...

    [Edit Item with Row Editor] (行エディターでアイテムを編集)

    行エディターでステージングレコードを更新します。データレコードの編集については、エンティティ内のデータレコードを更新するを参照してください。

    [Open Item in New Tab] (アイテムを新規タブで開く)

    レコードの詳細を新しいタブで開きます。

    ステージングデータレコードに関連する表示可能な属性のすべてが右パネルに表示されます。

    注: 外部キーを定義して、選択したエンティティをデータモデル内の別のエンティティにリンクすると、詳細ビューに、リンクされた2つのエンティティを示す2つのタブが表示されます。

    これらの属性は、データモデルの定義時にStudio内で定義されていたものによって異なります。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

    注: オープンデータレコードに関連付けられた表示可能な属性はすべて、管理者/マネージャーから割り当てを受けたロールのアクセス権に基づきます。

    デフォルトでは、読み取り専用属性はグレーで、書き込み可能な属性は白で表示されます。

    ただし、読み取り専用の属性が全ユーザーまたは特定のユーザーに表示される場合の色は変更できます。

    ステージングデータレコードについては、生成されたこのフォーム内のさまざまなタブで、多くの管理オペレーションにアクセスできます。各オペレーションを次のテーブルで説明します。

    [Icon] (アイコン)/文字

    [Function] (関数)

    ステージングデータレコードの画像をローカルに、またはサーバーからアップロードします。

    ステージングデータレコードの画像を削除します。

    関連する属性の情報ツールヒントを表示します。

    必須の属性を示します。

    エンティティ間の関係(外部キー)を管理します: 関係に使用可能な外部キーのリストを表示します。

    エンティティ間の関係(外部キー)を管理します: 関連するレコードを新しいページに開きます。

    エンティティ間の関係(外部キー)を管理します: 外部キーをフィールドから削除します。

    エンティティ間の関係(外部キー)を管理します: 関連するレコードを新しいページに開きます。

    ステージングデータレコードが、特定のエンティティに添付されたマッチングルールに従って、1つまたは複数の他のステージングデータレコードに一致する場合があります。そのため、マスターデータベースにマスターデータレコードとして書き込まれるゴールデンレコードをビルドするマッチングとサバイバーシップのプロセスに含まれます。

    関連するマスターデータレコードの詳細情報を取得するには、[More...] (詳細...)をクリックし、コンテキストメニューから目的のオプションを選択します。コンテキストメニューから使用できるオプションの説明は、次のテーブルを参照してください。

    ビューツールバーで以下のオプションが使用できます。

    メッセージが表示されたら

    内容...

    [Save] (保存)

    レコードの詳細に加えた変更を保存します。

    [Save and close] (保存して閉じる)

    レコードの詳細に加えた変更を保存し、レコードを閉じます。

    [Mark as deleted] (削除済みとしてマーク)

    レコードを完全に削除するか、またはデータレコードリストからのみ消去します。

    ページ表示を更新します。

    [More...] (詳細...)

    • [Open Item in New Tab] (アイテムを新規タブで開く): レコードの詳細を表示する新しいタブを開きます。

    • [Duplicate] (複製): ステージングデータレコードの正確なコピーを新しいページに開きます。次にたとえば、ゼロから作成しなくて済むように、このコピーをベースに新しいステージングデータレコードを作成します。

    • [Validate] (検証): マスターデータベースに保存する前に、ステージングデータレコードが有効かどうかを確認します。レコードが有効な場合は、正しく保存できます。有効でない場合は、エラーメッセージが表示されます。

    ステージングデータレコードがマスターデータレコードを生成するマッチングとサバイバーシップのプロセスに含まれている場合は、以下のオプションが使用できます。

    • [Open Master Record] (マスターレコードを開く):  関連するマスターデータレコードを新しいタブで開きます。

    • [Open Task] (タスクを開く): 関連付けられたTalend Data Stewardshipタスクページを開きます。タスクが属している関連するキャンペーンの[data steward] (データスチュワード)としてTalend Data Stewardshipにログインしていることをご確認ください。マッチングとサバイバーシップのプロセス後でゴールデンレコードのステータスが205である場合、Talend Data Stewardshipタスクは作成されず、このオプションはゴールデンレコードとそのソースステージングレコードに使用できません。

    • [Match Plan] (一致プラン):  一致の詳細を示すダイアログボックスが表示されます。

    [Staging Data Browser] (ステージングデータブラウザー)ページで[More...] (詳細...)をクリックすると、コンテキストメニューから次の手順を実行できます。

    • [Open Master Record] (オープンマスターレコード)を選択し、関連するマスターデータレコードを新しいタブで開きます。マスターデータレコードで[More...] (詳細...)をクリックし、コンテキストメニューから目的のオプションを選択して、関連するステージングデータレコードと一致の詳細に関する情報を取得できます。

    • [Match Plan] (一致プラン)を選択して[Match Plan] (一致プラン) ダイアログボックスを開きます。ここには、グループサイズ、トラストスコア、連結スコア、フィールドごとのスコアに関する情報が表示されます。

    • [Open Task] (タスクを開く)(使用できる場合)を選択し、関連付けられたTalend Data Stewardshipタスクページに直接移動します。