ステージングデータレコードのマッチングのシミュレーション - 7.3

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス

Talend MDM Web UIのステージングデータブラウザーでステージングデータレコードのマッチングをシミュレーションし、一致するかどうかを確かめることができます。一致する場合は、一致の詳細と生成するマスターデータレコードについて学習できます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。
  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。
  • 管理対象のマスターデータを保持するデータコンテナーと、マスタ-データの妥当性チェックの対象となる対応データモデルを選択しているはずです。
  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。
  • マッチングルールが定義され、データモデルの特定のエンティティに添付されていること。マッチングルールとデータモデルがMDMサーバーにデプロイ済みであること。

このタスクについて

ステージングデータレコードのマッチングをシミュレーションするには、次の手順に従います。

手順

  1. 目的のレコードを[Staging Data Browser] (ステージングデータブラウザー)ページにリスト表示します。
  2. 一致シミュレーションを実行するレコードをリストから複数選択し、メニューバーで[Simulate Match] (一致のシミュレーション)をクリックします。
  3. [Match Plan Simulation] (一致プランのシミュレーション)ダイアログボックスが開きます。そこで、選択したデータレコードが一致するか確認し、一致する場合は一致結果を確認します。
    一致結果には次の情報が含まれます。
    • [Group Size] (グループサイズ): 一致してグルーピングされたデータレコードの数を示します。
    • [Confidence] (信頼): すべての一致スコアを加重一致スコアで0と1の間の値に正規化して計算したトラストスコアを示します。
    • [SCORE] (スコア): データモデルエンティティに添付されているマッチングルール内に定義されたすべてのマッチングキーに基づいて計算された連結一致スコア(すなわち、2つ以上のデータレコードがどの程度類似しているか)を、小数第2位まで正確なパーセンテージ形式で示します。スコアにマウスのポインターを移動すると、小数で表現されたスコアを表示できます。
    • [Score per field] (フィールドごとのスコア): データモデルエンティティに添付されているマッチングルール内に定義された各マッチングキーに基づいて計算された一致スコアを、小数第2位まで正確なパーセンテージ形式で示します。スコアにマウスのポインターを移動すると、小数で表現されたスコアを表示できます。

    ボタンをクリックして[Match Details] (一致の詳細)ダイアログボックスを開くと、選択した各ステージングデータレコードのマッチングの状況に関する詳細な情報が表示されます。