Talend MDMのアーキテクチャー - 7.3

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス

Talend MDMは、会社のマスターデータすべてを一元的なハブ内でグルーピングします。標準化されたこのリポジトリーは、データモデルを使用することで、データと更新を検証するための前提条件を満たします。

Talend MDMにより、各ツールを適した人材が使用することで、マスターデータを一元的にモデル化し、操作できます。そのマスターデータガバナンス機能は、2つの異なるユーザーインターフェイスで利用できます: 1つはTalend Studioという管理ツールで、もう1つはTalend MDM Web UIというWebベースのインターフェイスです。

下の図は、Talend MDMの主な構築ブロックを示したものです。

  • Talend Studio -管理者はここで、一元管理されたマスターデータリポジトリーの設定とオペレーションを行うことができます。これらにより、必要なビジネスおよびデータルールを使用するデータモデルを構築して、マスターデータの単一の"マスター"コピーを作成できます。このマスターデータは、ターゲットシステムとソースシステムにプロパゲートバックされます。

    詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

  • Webブラウザー-ビジネスユーザーはここで、マスターデータがクリーンで、一貫性があり、正確であることの確認に必要な手動による介入を行うことができます。

  • MDMサーバー-ここでは、マスターデータとステージングデータの管理と監視が行われます。

  • MDMデータベース-ここでは、マスター、ステージング、およびシステムデータが保存されます。