詳細検索機能の使用 - 7.3

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス
Talend MDM Web UIでは詳細検索機能が使用できます。複合的なステートメントをグラフィカルに連鎖させて検索式を構成できます。さらに、詳細検索は保存したり"ブックマーク"を付けたりできます。

始める前に

  • MDMサーバーが起動済みであること。
  • 適切なユーザー認証とアクセス権でロールが割り当てられていること。
  • Talend Studioでは、少なくとも1つのビューが作成されているはずです。詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
注:

以下が選択済みであることを確認します。

  • 管理するマスターデータが含まれているデータコンテナー。
  • マスターデータの検証を行う基準となるデータモデル。

このタスクについて

式を使用してデータレコードを検索するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Menu] (メニュー)パネルで[Master Data Browser] (マスターデータブラウザー)をクリックしてページを開き、そこで目的のエンティティを選択します。
    エンティティフィールドで矢印をクリックし、データレコードを検索するエンティティをリストから選択します。
    ページの右上で[Advanced Search] (詳細検索)を選択し、詳細検索ビューを表示します。

    例え

  2. アイコンをクリックして、[Advanced Filter] (詳細フィルター)ダイアログボックスを開きます。

    例え

  3. ドロップダウンリストを使用して検索式を構成します。
  4. [+]ボタンを使用し、リストから論理オペレーターを選択して、式に必要な数のステートメントを追加します。
  5. 必要に応じて、[Add more criteria] (条件の追加)をクリックし、日付を使用して検索をフィルタリングします。
  6. [OK]をクリックして[Advanced Filter] (詳細フィルター)ダイアログボックスを閉じます。
    グラフィカルに構成した式が[Search Expression] (検索式)フィールドに表示されます。

    例え

  7. 必要に応じて、アイコンをクリックして式が有効かどうか確認します。
  8. 検索条件を後で使用するために保存するには、[Bookmark] (ブックマーク)をクリックします。
  9. [Search] (検索)をクリックして、ユニークなIDに"B"が含まれている製品と、製品名に"Book"が含まれている製品をすべて表示します。

    例え

    リストで最初のレコードが選択されており、その詳細が右パネルにリスト表示されています。
  10. リスト表示されているレコードの1つをクリックし、詳細を開きます。

タスクの結果

注: ページに表示されるレコードの数は、前の検索で[Lines/page] (行数/ページ)ボックスに定義した内容によって異なります。ボックス内の数字を必要に合わせて変更し、詳細検索を再開して、目的のレコード数をページに表示します。この数字は、リポジトリーでデータレコードの参照を試みるたびに保持されます(MDM Hub)。