相互参照テーブルの使用 - 7.3

Talend MDM Web UIユーザーガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
Module
Talend MDM Web UI
Content
データガバナンス

認証ユーザーは、Talend MDM Web UIで相互参照テーブルを作成し、マスターデータコンテンツの適合に使用するMDMサーバーに保存できます。

相互参照テーブルにより、 Talend MDM は情報システム内のターゲットアプリケーションと通信し、同期できます。これらのテーブルは、ソース/ターゲットシステム間の交換中にデータを別の形式またはコードに変換するために使用します。

注: 相互参照テーブルのデータはシステムの[crossreferencing] (相互参照)データコンテナーに保存され、相互参照テーブルのデータモデルは、Talend Studio内でシステムの[crossreferencing] (相互参照) データモデルに保存されます。相互参照データまたはデータモデルは、[crossreferencing] (相互参照)データコンテナーまたはデータモデルを使用して直接編集できます。

認証ユーザーは、相互参照テーブルを作成、編集、および削除し、さらに、データファイルをこれらのテーブルにアップロードできます。

以降のセクションでは、上記の各管理オプションを実行する手順について詳しく説明します。