tPersonatorコンポーネントを設定する - 7.3

Melissa Data address standardization

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Melissaデータアドレス標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Melissaデータアドレス標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 住所標準化コンポーネント > Melissaデータアドレス標準化コンポーネント

手順

  1. tPersonatorコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Schema] (スキーマ)[Built-in] (組み込み)を選択します。
  3. スキーマを確認するには、[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックします。
  4. [Input mapping] (入力マッピング)[+]ボタンをクリックして、tPersonatorフィールドを入力データに関連付けます。
    1. CompanyName[Company] (会社)
    2. AdressLine1[Address] (住所)
    3. State[State] (州)
    4. PostalCode/ZipCode[Zip] (郵便番号)
    5. FullName[FullName] (氏名)
    6. PhoneNumber[PhoneNumber] (電話番号)
  5. [Check action] (アクションの確認)[Append action] (アクションの追加)[Verify action] (確認)、および[Move action] (アクションの移動)を選択します。
  6. [Centric hint] (Centricヒント)[Auto] (自動)を選択します。
  7. [Append options] (追加オプション)[Always] (常時)を選択します。
  8. [Address options] (住所オプション):
    1. [Diacritics] (分音記号): [auto] (自動)を選択します。
    2. [Advanced address correction] (高度な住所訂正)チェックボックスと[Use preferred city] (優先都市を使う)チェックボックスをオンにします。
  9. [Name options] (名前オプション)で、次のオプションを選択します。
    1. [Name hint] (名前のヒント):[Varying] (変化する)
    2. [Middle name logic] (ミドルネームロジック): [Parse logic] (解析ロジック)
    3. [Salutation format] (挨拶文の形式): [Formal] (フォーマル)
    4. [Gender population] (性別の入力): [Mixed] (混合)
    5. [Genderization policy] (ジェンダー化ポリシー): [Neutral] (ニュートラル)
    6. [Correct first name] (ファーストネームを訂正)チェックボックスと[Standardize company] (会社を標準化)チェックボックス
  10. [Email options] (メールオプション)[Address outputs] (住所出力)[Geographics outputs] (地理的出力)、および[Miscellaneous outputs] (その他の出力)のすべてのチェックボックスをオンにします。
    次の設定があります。
  11. [Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックします。
    1. [tStatCatcher statistics] (tStatCatcher統計)チェックボックスをオフにします。
    2. [License key] (ライセンスキー)を入力します。
    3. [Number of retries] (再試行回数)を入力します: 5。
    4. [Timeout in seconds] (タイムアウト間隔(秒))を入力します: 100。
    5. [Cache directory] (キャッシュディレクトリー)を参照します。
    6. [Batch request size (1-100)] (バッチリクエストサイズ(1-100))を入力します: 2。
    7. [Multithreading] (マルチスレッド)チェックボックスをオンにします。
    8. [Thread count] (スレッドカウント)を入力します: 3。
    9. [Show debug console output] (デバッグコンソールの出力を表示する)チェックボックスをオンにします。