tMicrosoftCrmOutputの設定 - 7.3

Microsoft CRM

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft CRM
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft CRM
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Microsoft CRM

手順

  1. tMicrosoftCrmOutputをダブルクリックし、コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューを開いてプロパティを定義します。
  2. Microsoft Web Service URLの対応するフィールドにユーザー名とパスワードを入力します。
  3. [OrganizeName]フィールドに、Microsoft CRMのデータベースのアクセス権限を付与した組織名を入力します。
  4. [Domain field] (ドメインフィールド)で、対応するフィールドにMicrosoft CRMがホスティングするサーバーのドメイン名、ホストIPアドレスおよびリスニングポート番号を入力します。
  5. [Action] (操作)リストで、実行する操作を選択します。この例では、Microsoft Crmにカスタムエンティティのデータを挿入します。
  6. [Time out] (タイムアウト)フィールドで、ジョブがタイムアウトするまでの時間(秒)を設定します。
  7. [Entity] (エンティティ)リストでは、提示された内容のいずれかを選択します。この例では、[CustomEntity]が選択されています。
    注:

    [CustomEntity] (カスタムエンティティ)が選択された場合、表示される[Custom Entity Name] (カスタムエンティテ名)フィールドにカスタムエンティティの名前を入力する必要があります。

    [Schema] (スキーマ)は選択されたエンティティに基づいて自動的に定義されます。必要に応じて、[Edit schema] (スキーマ編集)をクリックすると、ダイアログボックスが表示され、スキーマを修正したり、出力に必要のないカラムを削除したりできます。
  8. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。