Talend Administration CenterとNexusを経由したパッチの適用 - 7.3

Talend ESB 移行&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
ESB
Product
Talend ESB
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

パッチを適用する前に

パッチを適用する前に以下の点にご注意ください。

  • ローカルのNexusサーバーにパッチをダウンロードする場合は、1つのTalend Studioでのみそのパッチをテストしたい場合でも、Talend Administration Centerに接続するTalend Studioがすべて自動更新されます。
  • 自動パッチの適用前に、Talend Studioでバックアップが自動的に作成されることはありません。
    警告: 管理者としてパッチをテストしたい場合は、そのパッチをダウンロードしてテストする環境を準備する必要があります。すべて問題なく進んだ後は、本番環境でテスト済みパッチをダウンロードします。

Talend Studioへのパッチの適用

  • ローカルのNexusサーバーにパッチをダウンロード済みであること。
  1. [Remote] (リモート)モードでTalend Studioを開いて再起動します。

    Talend StudioTalend Administration Centerに対し、ローカルNexusサーバーにダウンロードされたパッチのうちTalend Studioにまだ適用されていないものがあるかどうか問い合わせます。

  2. [Update] (更新)ボタンをクリックします。

    Talend Studioがパッチを適用して自動的に再起動します。

Talend CommandLineへのパッチの適用

  • ローカルのNexusサーバーにパッチをダウンロード済みであること。
  1. インタラクティブモードでTalend CommandLineを起動する場合は、次の起動スクリプトを使います。

    Talend-Studio-win-x86_64.exe -nosplash -application org.talend.commandline.CommandLine -consoleLog -data commandline-workspace startServer -p 8002 --talendDebug

  2. 次の2つのコマンドを実行してパッチを適用します。
    • initRemote {tac_url} -ul {TAC login username} –up {TAC login password}

      例: initRemote http://localhost:8080/org.talend.administrator/ -ul admin@company.com –up admin

    • checkAndUpdate -tu {TAC login username} -tup {TAC login password}

      例: checkAndUpdate -tu admin@company.com -tup admin

  3. 通常のようにTalend CommandLineを停止して再起動します。
注: パッチのダウンロードや適用時に問題が発生した場合は、サポートチケットを作成してください。