コンピレーションチェックを行う前に - 7.3

Talend MDM Platform移行&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend MDM Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

始める前に

コンピレーションチェックを実行する場合は、事前に次の操作が必要です。
  • (移行レポートで旧バージョンと新バージョンの比較結果を得るためのオプション) Talend Administration Center (旧Talend CommandLine)の前のバージョンに接続していたTalend CommandLineアプリケーションを起動し、現在のTalend Administration Center Webブアプリケーションの[Configuration] (設定)設定ページで、CommandLine/primaryセクションかCommandLine/Secondaryセクションのいずれかでパラメーターを設定していること。
  • Talend Administration Center (新Talend CommandLine)の現在のバージョンに接続しているTalend CommandLineアプリケーションを起動し、現在のTalend Administration Center Webアプリケーションのその他のCommandline設定セクションでパラメーターを設定していること。
  • 既存のプロジェクトが含まれるSVNリポジトリーを(svnadmin dumpコマンドを使用して)バックアップし、それを新しいSVNリポジトリーに復元していること。

    Apache Subversionは7.3.1 R2021-08リリース以降、非推奨となります

このタスクについて

移行レポートのデフォルトの保存先フォルダーは、Linuxでは/Talend/MigrationCheck/reports、WindowsではC:/Talend/MigrationCheck/reportsです。レポートが保存されるフォルダーへのデフォルトパスを編集する場合は、configuration.propertiesファイル内で行う必要があります。

手順

  1. <TomcatPath>/webapps/org.talend.administrator/WEB-INF/classes/configuration.propertiesファイルを開きます。
  2. 次のパラメーターと値を追加し、変更を保存します: migrationCheck.conf.reportPath=<FolderPath>