ワークフローのインポートと再デプロイ - 7.3

Talend MDM Platform移行&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend MDM Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

以前のTalend Studioにワークフローが1つ以上ある場合、それらを新しいサーバーに移行できます。

注:

mDM_*またはMDM_*という名前の変数で作成されたワークフローは、サポートされなくなったため、手動で変更する必要があります。

詳細は、Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

始める前に

  • MDMサーバーが稼働していること、および移行するサーバーの両方への接続が作成されていることを確認します。
  • BPMサーバーが既に起動されていること、およびMDMユーザーに関する情報がMDMからBPMサーバーに同期されていることを確認します。

ワークフローをTalend Studioから展開する方法の詳細は、Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

ワークフローユーザーを手動で同期する方法の詳細は、Talend MDM Web UIユーザーガイドを参照してください。

手順

  1. BPMパースペクティブで、移行するワークフローをインポートします。
    注:

    Bonita BPM 7.9.0ではレガシーのBonita 6.xフォームがサポートされていないため、このフォームで設計されたワークフローはUI Designerを使って手動で再設計する必要があります。

    Bonita UI Designerを使ったワークフローの設計方法に関する詳細は、以下を参照してください。

    • ゼロからのワークフロー設計に関するTalend Studioユーザーガイドの説明
    • Bonitaの公式ドキュメンテーション(https://documentation.bonitasoft.com)
  2. 人的に行うタスクの場合、[Operations] (処理)タブで次のスクリプトを使い、オペランドmdm_contextで演算子setUpdateUsernameを呼び出す操作は、MDM v7.3では現行ユーザーを自動的に使用するため必須ではなくなりました。
    import org.talend.mdm.workflow.client.MDMContextUser;
    MDMContextUser contextUser = mdm_context.getCurrentUser();
    return contextUser.getName();

    スクリプトで現行ユーザーを取得する必要があるその他の処理については、上のスクリプトを次のスクリプトに置換します:

    import org.bonitasoft.engine.identity.User;
    User user = BonitaUsers.getUser(apiAccessor,taskAssigneeId);
    return user.getUserName();s
  3. メニューバーで、[Deploy to MDM Server] (MDM サーバーへの展開) をクリックし、[Deploy the Workflow Process] (ワークフロー プロセスの展開) をクリックします。
  4. ワークフローを展開する MDM サーバーを指定して、[OK] をクリックします。