Studioにパッチを適用する前に継続的インテグレーションを使ってパッチをテスト - 7.3

Talend MDM Platform移行&アップグレードガイド

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
MDM Platform
Product
Talend MDM Platform
Module
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

継続的インテグレーションでは、パッチをTalend Studioに適用する前に、特定のMavenコマンドを使って1つ(または複数)の既存プロジェクトでパッチをテストできます。

パッチをテストする場合は、このドキュメンテーションをお読みください。POMファイルをすべて生成する方法、そして既存のプロジェクトの生成をテストする方法と例が記載されています。

要約すれば、次の順序による操作が必要となります。
  1. Gitプロジェクトをチェックアウトします。
  2. パッチをダウンロードします。
  3. プロジェクトのワークスペースのPOMファイルをすべて再生成し、テストしたいパッチをインストールします。
  4. 既存のプロジェクトやジョブの生成をテストします。
  5. プロジェクトの生成が成功した場合は、テスト済みのパッチをTalend Studioに適用します。テストが成功しなかった場合は、Talendサポートにご連絡ください。