コンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.3

MongoDB

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB

手順

  1. [Palette] (パレット)からデザインワークスペースに次のコンポーネントをドロップします。2つのtMongoDBBulkLoadコンポーネント、2つのtMongoDBInputコンポーネント、2つのtLogRowコンポーネント。
  2. [Trigger] (トリガー) >[OnSubjobOk]リンクを使用して最初の tMongoDBBulkLoadを最初の tMongoDBInputに接続します。
  3. [Row] (行) > [Main] (行)リンクを使用して、最初のtMongoDBInputを最初のtLogRowに接続します。
  4. 上記の2つの手順を繰り返して、2番目のtMongoDBBulkLoadを2番目のtMongoDBInputに、そして2番目のtMongoDBInputを2番目のtLogRowに接続します。
  5. [Trigger] (トリガー) > [OnSubjobOk]リンクを使用して、最初のtMongoDBInputを2番目のtMongoDBBulkLoadに接続します。
  6. 2つのtLogRowコンポーネントにラベルを付けて、コンソールに表示されるデータを識別しやすくします。