CSVファイルの正常なインポートの検証 - 7.3

MongoDB

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB

手順

  1. tMongoDBInputコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [DB Version] (バージョン)リストから、使用しているMongoDBバージョンを選択します。
  3. [Server] (サーバー)および[Port] (ポート)フィールドに、MongoDBの接続に必要な情報を入力します。この例では、localhostおよび27017と入力します。
  4. [Database] (データベース)フィールドに、データの読み取り先のデータベースを入力します。この例ではbookstoreになります。
  5. [Collection] (コレクション)フィールドにデータの読み取り先のコレクションを入力します。この例ではbooksになります。
  6. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、MongoDBコレクションから読み取るデータを定義します。
  7. [Mapping] (マッピング)テーブルの[Column] (カラム)フィールドには、定義されたスキーマが自動的に入力されます。[Parent node path] (親ノードパス)カラムに入力する必要はありません。
  8. 最初のtLogRowコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  9. [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択します。