コンポーネントの設定 - 7.3

MongoDB

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB

手順

  1. tMongoDBConnectionをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [DB Version] (バージョン)リストから、使用しているMongoDBバージョンを選択します。
  3. [Server] (サーバー)および[Port] (ポート)フィールドに、接続の詳細を入力し ます。
    [Database] (データベース)フィールドに、MongoDBデータベースの名前を入力します。
  4. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用:区切りファイル)を選択します。
    [Content] (コンテンツ)フィールドに、MongoDBデータベースに書き込むデータを入力します。たとえば、以下のようにします:
    Andy;Open Source Outlook;Open Source,Talend;Talend, the leader of the open source world...
    Andy;Data Integration Overview;Data Integration,Talend;Talend, the leading player in the DI field...
    Andy;ELT Overview;ELT,Talend;Talend, the big name in the ELT circle...
  5. tMongoDBRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Use existing connection] (既存の接続の使用)チェックボックスをオンにします。
    [Function] (関数)フィールドに MongoDB関数を入力し、コレクション[blog] (ブログ)を作成してデータを挿入します:
    "function(author,title,keywords,contents){
    return db.blog.save(
    {author:author,title:title,keywords:keywords,contents:contents}
    );
    
    }"
  6. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  7. [+]ボタンをクリックし、右側の部分に[author] (作成者)[title] (タイトル)[keywords] (キーワード)および[contents] (コンテンツ)という4つのカラムを[String] (文字列)タイプで追加します。
    をクリックして、すべてのカラムを入力テーブルにコピーします。
    [OK]をクリックして、エディターを閉じます。
  8. [Parameters value] (パラメーター値)テーブルで、[+]ボタンをクリックして4行を追加し、値を順にrow1.authorrow1.titlerow1.keywords、およびrow1.contentsと入力します。これにより、[row1]のデータが関数で定義されたパラメーターに転送されます。
  9. tMongoDBInputをダブルクリックして 、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Use existing connection] (既存の接続の使用)チェックボックスをオンにします。
    [Collection] (コレクション)フィールドに、コレクションの名前blogを入力します。
  10. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  11. [+]ボタンをクリックすると、[author] (作成者)[title] (タイトル)[keywords] (キーワード)、および[contents] (コンテンツ)の4つのカラムを[String] (文字列)タイプとして追加できます。
    [OK]をクリックして、エディターを閉じます。
  12. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択すると表示が見やすくなります。