MongoDBへの処理れたデータ書き込み - 7.3

MongoDB

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB

手順

  1. tMongoDBOutputをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. このコンポーネントに先行コンポーネントと同じスキーマが存在しない場合は、警告アイコンが表示されます。このような場合、[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして先行スキーマを取得し、完了すると警告アイコンが消えます。
  3. [Collection] (コレクション)フィールドに、書き込みに必要なコレクションの名前を入力します。このコレクションが存在しない場合は、実行時に自動的に作成されます。
  4. [Action on data] (データの操作)リストから、データに実行する操作を選択します。この例では、[Insert] (挿入)を選択すると、ドキュメントが既に存在するかどうかにかかわらず、[MongoDB]でドキュメントが作成され、いずれの場合も、新しいドキュメントごとに新しいテクニカルIDが生成されます。
  5. マッピングテーブルはそのままにしておきます。これにより、各レコードが各ドキュメントのルートに追加されます。