ジョブの実行 - 7.3

MongoDB

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > MongoDB

このタスクについて

ここでは、このジョブを実行できます。

tLogRowコンポーネントを使って、ジョブの実行結果を表示します。

手順

  1. tLogRowコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Table] (テーブル)ラジオボタンを選択して、テーブル内に結果を示します。
  3. F6を押してこのジョブを実行します。

タスクの結果

完了したら、コンソールの[Run] (実行)ビューで、実行結果を確認できます。

このコンソールで出力する実行情報のレベルを管理するには、[Advanced settings] (詳細設定)タブの [log4jLevel]チェックボックスをオンにして、表示する情報のレベルを選択します。

log4jロギングレベルの詳細は、http://logging.apache.org/log4j/1.2/apidocs/org/apache/log4j/Level.htmlのApacheのドキュメントを参照してください。