tMSSqlColumnList標準プロパティ - 7.3

MSSql

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtMSSqlColumnListを設定するために使います。

Standard tMSSqlColumnListコンポーネントはデータベースファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

注: このコンポーネントは、動的データベースコネクターの特定のバージョンです。データベース設定に関連するプロパティは、データベースタイプの選択に応じて異なります。動的データベースコネクターについては、動的データベースコンポーネントを参照してください。

基本設定

データベース

データベースのタイプをリストから選択し、[Apply] (適用)をクリックします。

[Component list] (コンポーネントリスト)

現在のジョブで複数の接続を使うことが計画されている場合は、リストのtMSSqlConnectionコンポーネントを選択します。

テーブル名

テーブルの名前を入力します。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数) 

COLUMN_NAME: 現在繰り返し処理が行われているカラムの名前。これはFlow変数で、文字列を返します。

COLUMN_DEFAULT: 現在繰り返し処理が行われているカラムのデフォルト値。これはFlow変数で、文字列を返します。

IS_NULLABLE: 現在繰り返し処理が行われているカラムのnull値の許容性。これはFlow変数で、カラムでnull値が許容されている場合はYESを返し、許容されていない場合はNOを返します。

DATA_TYPE: 現在繰り返し処理が行われているカラムのデータ型。これはFlow変数で、文字列を返します。

CHARACTER_MAXIMUM_LENGTH: 現在繰り返し処理が行われているカラムの文字数の最大長。これはFlow変数で、バイナリデータ型または文字データ型の場合は数値文字列を返し、それ以外のデータ型の場合はNULLを返します。

CHARACTER_OCTET_LENGTH: 現在繰り返し処理が行われているカラムのバイト数の最大長。これはFlow変数で、バイナリデータ型または文字データ型の場合は数値文字列を返し、それ以外のデータ型の場合はNULLを返します。

NUMERIC_PRECISION: 現在繰り返し処理が行われているカラムのデータの精度。これはFlow変数で、概数データ、真数データ、整数データ、通貨データの数値文字列を返し、その他のデータ型の場合はnullを返します。

NUMERIC_PRECISION_RADIX: 現在繰り返し処理が行われているカラムのデータ精度の基数。これはFlow変数で、概数データ、真数データ、整数データ、通貨データの数値文字列を返し、その他のデータ型の場合はnullを返します。

NUMERIC_SCALE: 現在繰り返し処理が行われているカラムで許可されている桁の表記法。これはFlow変数で、概数データ、真数データ、整数データ、通貨データの数値文字列を返し、その他のデータ型の場合はnullを返します。

DATETIME_PRECISION: 現在繰り返し処理が行われているカラムの秒の小数部の日時の精度。これはFlow変数で、データ型がdatetimeまたはsmalldatetimeの場合に数値文字列を返し、それ以外の場合はnullを返します。

COLUMN_KEY: 現在繰り返し処理が行われているカラムのキーインジケーター。これはFlow変数で、カラムがKeyに設定されている場合は文字列を返し、設定されていない場合は何も返しません。

NB_COLUMN: これまでに繰り返し処理が行われたカラムの数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントはMSSqlコンポーネントと共に、特にtMSSqlConnectionと共に使います。

[Dynamic settings] (ダイナミック設定)

[+]ボタンをクリックしてテーブルに行を追加し、[Code] (コード)フィールドにコンテキスト変数を入力して、ジョブ内で計画した複数の接続からデータベース接続をダイナミックに選択します。この機能は、データ構造が同じでデータベースが異なるデータベーステーブルにアクセスする必要がある場合、特に、Talend Studioを介さずにジョブをデプロイおよび実行する必要がある時など、ジョブの設定を変更できない環境で作業している場合に役立ちます。

ダイナミックパラメーターを定義すると、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Component List] (コンポーネントリスト)ボックスは使用できなくなります。

動的パラメーターの使用サンプルは、コンテキストベースの動的接続によるデータベースからのデータの読み取りおよび動的に読み込まれた接続パラメーターを使用した異なるMySQLデータベースからのデータの読み取りを参照してください。[Dynamic settings] (動的設定)とコンテキスト変数については、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。