テーブルの有用情報の抽出 - 7.3

MSSql

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql

手順

  1. tMSSqlInputコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Use an existing] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにします。複数の接続が使用可能な場合は、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストから使用する接続を選択します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、テーブルから読み込むデータ構造を定義します。この例では、テーブルから3つのカラムをすべて読み取る必要があります。
  4. [Table Name] (テーブル名)フィールドに、データの読み取り先となるテーブルの名前、この例ではWage_Infoを入力します。
  5. [Query] (クエリー)フィールドで、指定したテーブルに対して実行するSQLクエリーを入力します。賃金が平均値を上回っている従業員のデータを取得し、id順に並び替えるには、次のようにSQLクエリーを入力します:SELECT * FROM Wage_Info WHERE wage > (SELECT avg(wage) FROM Wage_Info) ORDER BY id