データベーステーブルにデータを挿入し、そこから有用な情報を抽出する - 7.3

MSSql

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql

シナリオでは、従業員データをテキストファイルから読み取り、そのデータをMSSQLデータベースのテーブルに挿入し、そのテーブルから有用なデータを抽出し、情報をコンソールに表示するジョブについて説明しています。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオには以下のコンポーネントを使用します。

  • tMSSqlConnection: MSSQLサーバーへの接続を確立します。

  • tFileInputDelimited: 入力ファイルを読み取り、データ構造を定義し、次のコンポーネントに送信します。

  • tMSSqlOutput: 前のコンポーネントから受信したデータをMSSQLデータベースのテーブルに書き込みます。

  • tMSSqlInput: SQLクエリーに基づいてテーブルからデータを抽出します。

  • tLogRow: コンソールの先行コンポーネントから受信した情報を表示します。

  • tMSSqlCommit: 接続されたMSSQLサーバー内のトランザクションをコミットします。