データベーステーブルへのデータの書き込み - 7.3

MSSql

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql

手順

  1. tMSSqlOutputコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. 接続に必要な情報を入力するか、以前に設定した既存の接続を使用します。この例では、[Use an existing connection] (既存の接続の使用)チェックボックスをオンにします。複数の接続が使用可能な場合は、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストから使用する接続を選択します。
  3. [Table] (テーブル)フィールドに、データの書き込み先となるテーブルの名前、この例ではWage_Infoを入力します。[Table] (テーブル)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、適切なテーブルを選択することもできます。
  4. [Action on table] (テーブルの操作)ドロップダウンリストから[Create table if not exists] (存在しない場合はテーブルを作成)を選択します。
  5. [Action on data] (データの操作)ドロップダウンリストから[Insert if not exists] (存在しない場合は挿入)を選択します。
  6. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。