入力コンポーネントを設定 - 7.3

MSSql

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
    [+]ボタンをクリックして、整数タイプの [id]と文字列タイプの[name]という2つのカラムを追加します。
    [OK]をクリックして、スキーマエディターを閉じます。
  3. [Mode] (モード)エリアで、各カラムにそれぞれの値を入力します。この例では、[id]の値は4に設定します。[name]の値はストアドプロシージャーのSELECT SQLステートメントで使用されていないため、Nullになります。