ストアドプロシージャーを使用して個人情報をストアドプロシージャーする - 7.3

MSSql

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MSSql

このシナリオでは、入力フローで定義したid値に従ってストアドプロシージャーを使用して、指定したテーブルから個人情報レコードを取得するジョブについて説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、データを取得するテーブルには個人情報が含まれています。このシナリオを再現するため、次のようにCSVファイルからテーブルにデータを書き込むことができます。MS SQLテーブルにデータを書き込む方法は、データベーステーブルにデータを挿入し、そこから有用な情報を抽出するを参照してください。

id;name;sex;age
1;Ford;Male;25
2;Rose;Female;30
3;Sabrina;Female;28
4;Teddy;Male;32
5;Kate;Male;35

このシナリオでは、個人情報の取得に使用するストアドプロシージャーは、次のとおりです。

CREATE PROCEDURE [dbo].[QueryPerson]
@id int,
@name varchar(50)
AS
BEGIN
SET NOCOUNT ON
SELECT * FROM dbo.person where id=@id
END