tMysqlConnectionコンポーネントによって作成されたデータベース接続を閉じる - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
tMysqlConnectionは、tMysqlnputまたはtMysqlOutputなど、他のMySQLコンポーネントによって使用されるMySQL接続の作成に使用します。ジョブ内ではtMysqlConnectionは接続を閉じず、次のコンポーネントとともに使用する必要があります:
  • tMysqlCommit/tMysqlRollback
  • tMysqlClose

tMysqlCommit/tMysqlRollback

tMysqlCommit/tMysqlRollbackコンポーネントで[Close Connection] (接続の終了)オプションを使用して、接続を閉じることができます。

tMysqlConnectionコンポーネントは接続を作成し、サブジョブが正常に機能して接続を閉じた場合、tMysqlCommitは変更をコミットします。サブジョブが失敗して接続を閉じた場合、tMysqlRollbackは変更をロールバックします。

tMysqlClose

ジョブにtMysqlCommit/tMysqlRollbackがないか、tMyslqCommit/tMysqlRollback[Close Connection] (接続の終了)チェックボックスがオフの場合は、tMysqlCloseを使用してMySQL接続を閉じることができます。

tMysqlCloseコンポーネントを使用する例は、次のシナリオを参照してください: コンテキストベースの動的接続によるデータベースからのデータの読み取り

tMysqlCloseコンポーネントを使用する例は、次のシナリオを参照してください:Talend Help Center (https://help.talend.com)で、コンテキストベースの動的接続によるデータベースからのデータの読み取り。