コンポーネントの設定 - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

手順

  1. ランダムデータの生成にはtRowGeneratorが使用されます。tRowGenerator コンポーネントをダブルクリックしてエディターを起動します。
  2. 生成される行のスキーマと、生成するデータの性質を定義します。このサンプルでは、生成するclientsファイルには次のカラムが含まれます: IDFirst NameLast NameAddressCity。これらはすべて文字列データとして定義されますが、IDは整数タイプです。
    一部のスキーマ情報は必ずしも表示する必要がありません。不要なスキーマ情報を非表示にするには、ツールバーの横にある[Columns] (カラム)リストボタンをクリックし、[Precision] (精度)または[Parameters] (パラメーター)など、該当するエントリのチェックをオフにします。
    [+]ボタンを使用して、必要な数のカラムをスキーマ定義に追加します。
    更新ボタンをクリックして、出力の生成された最初の行をプレビューします。
  3. tMapコンポーネントを選択して、変換を設定します。
  4. すべてのカラムを入力テーブルから出力テーブルにドラッグ&ドロップします。
  5. .toUpperCase()を式フィールドに追加することで、変換をLastNameカラムに適用します。
    次に[OK] をクリックして、変換を確定します。
  6. tMysqlOutputBulkコンポーネントをダブルクリックします。
  7. 生成するファイルの名前を[File Name] (ファイル名)フィールドに入力します。区切り記号付きファイルの情報が[Repository] (リポジトリー)に保存されている場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)フィールドで選択し、関連データを取得します。このユースケースでは、ファイル名はclients.txtです。
    プロンプトが表示された時に受け入れた場合は、スキーマがtMapコンポーネントからプロパゲートされます。
  8. このサンプルでは、テーブルに既に含まれているので、ヘッダー情報を含めないでください。
  9. [OK]をクリックして、出力を有効にします。
  10. tMysqlBulkExecコンポーネントをダブルクリックし、実行する挿入クエリーを設定します。
  11. データベース接続の詳細を定義します。どんなジョブにでもいつでも取得できるように、このタイプの情報は[Repository] (リポジトリー)に保存しておくことをお勧めします。
  12. 収集したデータを入力するテーブルを[Table] (テーブル)フィールドで設定します。
  13. カラム区切り記号を[Field terminated by] (フィールド区切り記号)エリアに入力します。
  14. エンコーディングがデータエンコーディングに対応することを確認します。