コンポーネントの設定 - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

手順

  1. tRunJobコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    コンポーネントで子ジョブが既に指定されている場合は、右クリックしてコンテキストメニューから[Settings] (設定)を選択するか、コンポーネントをクリックして[Component] (コンポーネント)タブを選択して、[Basic settings] (基本設定)ビューを開くことができます。
  2. [Job] (ジョブ)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ダイアログボックスから子ジョブを選択します。他のすべてのパラメーターはデフォルトのままにします。
  3. tMysqlConnectionコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで、[Use or register a shared DB Connection] (共有DB接続を使用または登録)チェックボックスをオンにします。次に、[Shared DB Connection Name] (共有DB接続名)フィールドに、子ジョブで定義されている共有接続の名前、この例ではshared_mysql_connectionを入力します。
    他のすべてのパラメーターは空白またはデフォルトのままにします。
  4. tMysqlInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Use an existing connection] (既存の接続の使用)チェックボックスをオンにし、ジョブに複数の接続コンポーネントがある場合は、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストから使用する接続コンポーネントを選択します。
  6. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)エディターを開き、子ジョブと同じデータ構造を定義します。
    完了したら、[OK]をクリックしてダイアログを閉じ、スキーマを後続のコンポーネントにプロパゲートさせるかどうかを確認するメッセージが表示されたら [Yes]をクリックします。
  7. [Table Name] (テーブル名)リストからテーブル名を指定し、[Guess Query] (クエリーの推測)をクリックして、[Query] (クエリー)フィールドに自動入力されたクエリーステートメントを取得します。
  8. tLogRowコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで、[Table] (テーブル)モードを選択して実行結果をテーブルセルに表示します。
    tMysqlCommitコンポーネントの設定はそのままにしておきます。