tMysqlLastInsertIdで最後に挿入したレコードのIDの取得 - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

次のJavaシナリオでは、Mysqlデータベースへの接続を開き、定義済みのデータをデータベースに書き込み、最終的に既存の接続に最後に挿入したIDを取得するというジョブを作成します。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • 次のコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします: tMysqlConnectiontMysqlCommittFileInputDelimitedtMysqlOutputtMysqlLastInsertId、およびtLogRow

  • OnSubjobOkリンクを使用してtMysqlConnectiontFileInputDelimited に接続します。

  • OnSubjobOkリンクを使用して、tFileInputDelimitedtMysqlCommitに接続します。

  • [Row Main] (行>メイン)リンクを使用して、tFileInputdelimitedを他の3つのコンポーネントに接続します。

  • デザインワークスペースでtMysqlConnectionを選択します。

  • [Component] (コンポーネント)タブをクリックして、tMysqlConnectionの基本設定を定義します。

  • [Basic settings] (基本設定)ビューで、接続の詳細を手動で設定するか、または、メタデータDB接続エントリとしてローカルに保存した場合は、コンテキスト変数リストから選択し、[Ctrl]+[Space]を使って対応するフィールドをクリックします。メタデータの詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください

  • デザインワークスペースでtMysqlCommitを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックし基本設定を定義します。

  • 複数の接続を使用している場合は、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当するtMysqlConnectionを選択します。

  • デザインワークスペースでtFileInputDelimitedを選択します。

  • [Component] (コンポーネント)タブをクリックして、tFileInputDelimitedの基本設定を定義します。

  • 処理されたファイルへのパスを[File Name] (ファイル名)フィールドに入力します。このサンプルで使用しているファイルはCustomersです。

  • 行末を識別できる[Row separator] (行区切り)を定義します。行内のフィールドの区切りに使用する[Field separator] (フィールド区切り)を定義します。

  • 必要に応じて、ヘッダー、フッター、処理される行数を設定します。このシナリオでは、ヘッダーは1つです。

  • [Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、次のコンポーネントに渡すデータを定義します。

関連トピック: 『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

このシナリオでは、スキーマはnameおよびageという2つのカラムで構成されています。前者には従業員3人の名前、後者にはそれぞれの対応する年齢が保存されています。

  • デザインワークスペースでtMysqlOuptputを選択します。

  • [Component] (コンポーネント)タブをクリックして、tMySqlOuptputの基本設定を定義します。

  • [Use an existing] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにします。

  • [Table] (テーブル)フィールドで、従業員のリストを書き込むテーブルの名前を入力します。このサンプルではemployeeです。

  • [Action on table] (テーブルへのアクション)リストおよび[Action on data] (データへのアクション)リストで、該当するアクションを選択します。このサンプルでは、テーブルへのアクションはなく、データへのアクションはInsertです。

  • [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、カラムを前のコンポーネントと同期します。この例では、MySqlデータベーステーブルに挿入するスキーマは、nameおよびageという2つのカラムで構成されています。

  • デザインワークスペースでtMysqlLastInserIdを選択します。

  • [Component] (コンポーネント)タブをクリックして、tMySqlLastInserIdの基本設定を定義します。

  • 複数の接続を使用している場合は、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当するtMysqlConnectionを選択します。

  • [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、カラムを前のコンポーネントと同期します。tMysqlLastInsertIdの出力スキーマで、既存の接続に最後に挿入されたIDを取得する読み取り専用のカラムlast_insert_idを確認できます。

エントリ数が非常に多い場合は、[Type] (タイプ)ドロップダウンリストからデータ型Longを選択できます。

  • デザインワークスペースで、tLogRowを選択して、[Component] (コンポーネント)タブをクリックし、基本設定を定義します。詳細は、tLogRowを参照してください。

  • ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

tMysqlLastInsertIdは、既存の接続の各行に、最後に挿入したIDを取得しました。