コンポーネントの設定 - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

手順

  1. ファイルの取得元となるディレクトリー名など、tFileListコンポーネントのプロパティを設定します。
  2. tMysqlConnectionコンポーネントビューで、接続の詳細を手動で設定するか、またはMetadata DB接続エントリーとして一元的に保存した場合は、リポジトリーから取得します。メタデータの詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド 』を参照してください。
  3. tFileInputDelimitedコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)パネルで、 [Ctrl] + [Space]バーを押して変数リストにアクセスします。[File Name] (ファイル名)フィールドをグローバル変数tFileList_1.CURRENT_FILEPATHに設定します。
  4. 残りのフィールドを通常どおりに設定し、ファイル構造に基づいて行およびフィールドの区切り記号を定義します。
  5. 次に、[Edit schema] (スキーマを編集)機能を使用してスキーマを手動で設定するか、リポジトリーからスキーマを選択します。Javaバージョンでは、処理するデータの性質に基づいて、データタイプが正しく設定されていることを確認します。
  6. tMap出力エリアで、2つの出力テーブル、親テーブルの[mum]と子テーブルの[baby]を追加します。
    [Input] (入力)エリアから[Name] (名前)カラムをドラッグし、[mum]テーブルにドロップします。
    [Input] (入力)エリアから[Years] (年数)カラムをドラッグし、[baby]テーブルにドロップします。
  7. 順番がフローシーケンスを決定するため、DB挿入が正しく機能するように、[mum]テーブルが[baby]テーブルの上にくるようにします。
    出力行リンクを接続して、関連するDB出力コンポーネントに正しくフローを配分するようにします。
  8. 2つのtMysqlOutputコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)タブで、[Use an existing connection] (既存の接続の使用)チェックボックスをオンにして、tMysqlConnectionの詳細を取得します。
  9. 正しいテーブルに対応するように[Table] (テーブル)名を設定します。この例ではf1090_mumまたはf1090_babyのいずれかになります。
    テーブルの操作は既に作成されているため、特に行う必要はありません。
    両方の出力コンポーネントのデータに対して[Action on data] (データの操作)として[Insert] (挿入)を選択します。
    [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、tMapのスキーマセットを取得します。
  10. 子テーブル(f1090_baby)に対応するDB出力コンポーネントの[Advanced settings] (詳細設定)タブに切り替えます。
    • [Additional columns] (追加カラム)テーブルのid-baby行で、[SQL expression] (SQL式)フィールドに"(Select Last_Insert_id())"と入力します。
    • [Position] (位置)フィールドをBeforeに設定します。
    • [Reference column] (参照カラム)フィールドをyearsに設定します。

    以上の設定により、f1090_babyテーブルはf1090_mumのIDキーを自身のキーとして使用できるようになります。

  11. 両方のデータベース出力コンポーネントの[Extend insert] (挿入の延長)チェックボックスをオフにします。