コンポーネントの設定 - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

手順

  1. tMysqlInputをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブの [Basic Settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードのデータベースへの接続が既に保管されている場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択します。後続のプロパティフィールドは自動的に入力されます。
    データベース接続の保存方法については、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。
    データベース接続を[Repository] (リポジトリー)としてローカルに定義していない場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)リストから[Built-in] (組み込み)を選択した後、手動で詳細を入力します。
  3. [Schema] (スキーマ)[Built-In] (組み込み)に設定し、[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして目的のスキーマを定義します。
    スキーマエディターが開きます:
  4. [+]ボタンをクリックして、スキーマの定義に使用する行を追加すると、この例では[id][first_name][city][salary]という4つのカラムが追加されます。
    [Column] (カラム)で、フィールドをクリックして、対応するカラム名を入力します。
    [Type] (タイプ)の下のフィールドをクリックして、データのタイプを定義します。
    [OK]をクリックして、スキーマエディターを閉じます。
  5. [Table Name] (テーブル名)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、対象のデータベーステーブルを選択します。
    ダイアログボックスが表示され、選択したデータベースのすべてのテーブルのツリーダイアグラムが表示されます:
  6. 目的のテーブルをクリックし、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  7. [Query Type] (クエリータイプ)[Built-In] (組み込み)に設定します。
  8. [Query] (クエリー)ボックスに、テーブルから目的のカラムを取得するために必要なクエリーを入力します。
  9. tFileOutputDelimitedをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)を設定します。
  10. [File Name] (ファイル名)フィールドの横にある[...]をクリックして、出力ファイルを保存するディレクトリーを参照し、ファイルの名前を入力します。
    [Include Header] (ヘッダーを含める)チェックボックスをオンにすると、データだけでなくカラム名も取得されます。
  11. ジョブを保存します。