スキーマの設定 - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

手順

  1. tMySQLInvalidRowsをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
    すべてのデータベース接続フィールドが自動的に入力されます。入力ファイルをリポジトリー内で定義しない場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)フィールドで[Built-in] (組み込み)を選択した後で、詳細を手動で入力します。
  2. [Validation type] (検証タイプ)リストで[Regex pattern validation] (正規表現パターンの検証)を選択します。
    これにより、選択した行内のデータが正規表現パターンに基づいて検証されます。DQルールに基づくデータ検証のシナリオ例については、特定のDQルールに基づいて顧客テーブルをチェックし、顧客レコードを選択するを参照してください。
  3. [Table Name] (テーブル名)フィールドに、ジョブを実行するデータベーステーブルの名前(このサンプルではcustomer1)を入力します。
  4. [Where clause] (Where句)フィールドに、分析対象の行数を制限するWHERE句を入力します。
    このサンプルでは、米国の顧客のメールのみを検証しようとしています。
  5. 分析するカラム(この例ではEmail)を[Analyzed column] (分析対象カラム)リストから選択します。
  6. [Patterns list] (パターンリスト)で、アドレスチェックのベースとする Talend Studio データベースパターン(この例ではEmail Address)をEmailカラムから選択します。
    [Custom pattern] (カスタムパターン)チェックボックスをオンにした場合は、データチェックのベースとする正規表現をカスタマイズできます。
  7. tLogRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、必要に応じてプロパティを定義します。