tMysqlOutputを使用してデータを更新する - 7.3

MySQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > MySQL

このJavaシナリオでは、MySQLテーブル内のデータを区切り記号付きファイル内のデータに従って更新するコンポーネント2つのジョブについて説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • tFileInputDelimitedおよびtMysqlOutput[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。

  • [Row Main] (行>メイン)リンクを使用して2つのコンポーネントを接続します。

  • tFileInputDelimitedをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、コンポーネントのプロパティを定義します。

  • 区切り記号付きファイルのメタデータを[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードに保存している場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択します。保存していない場合は、[Built-In] (組み込み)を選択して、区切り記号付きファイルのメタデータを手動で定義します。

    メタデータの保存については、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

  • [File Name] (ファイル名)フィールドで[...]ボタンをクリックし、MySQLテーブル内にプロパゲートする変更が含まれているソース区切り記号付きファイルに移動します。

    この例では、4つのカラム(idCustomerNameCustomerAddressidState)が含まれているcustomer_updateファイルを使用します。4つのカラム内に含まれているデータの一部は、MySQLテーブル内のデータと異なります。

  • ソースファイルで使用する行とフィールド区切りを対応するフィールドで定義します。

  • 必要に応じて、[Header] (ヘッダー)[Footer] (フッター)、および[Limit] (制限)を設定します。

    このサンプルでは、最初の行にカラム名が含まれているため、[Header] (ヘッダー)は1に設定されています。したがって、これは無視する必要があります。また、処理行数が2000までに制限されています。

  • [Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、そこで後続のコンポーネントに渡すソース区切り記号付きファイルのデータ構造を説明します。

  • キーカラムとして定義するカラム名の横にある[Key] (キー)チェックボックスをオンにします。

注:

ジョブが正しく実行されるためには、少なくとも1つのカラムをキーカラムとして定義する必要があります。そうしないと、ジョブは自動的に中断され、コンソールにエラーメッセージが表示されます。

  • デザインワークスペースでtMysqlOutputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、プロパティを定義します。

  • [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。必要に応じて、[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、取得されたスキーマをそこで確認します。

  • 接続メタデータを[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードに保存している場合は、[Property Type] (プロパティタイプ)リストから[Repository] (リポジトリー)を選択します。保存していない場合は、[Built-In] (組み込み)を選択して、接続情報を手動で定義します。

    メタデータの保存については、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

  • データベース接続情報を対応するフィールドに入力します。

  • [Table] (テーブル)フィールドに、更新するテーブルの名前を入力します。

  • [Action on table] (テーブルへのアクション)リストから、実行するオペレーションを選択します。このサンプルでは、テーブルが既に存在するため、[Default] (デフォルト)です。

  • [Action on data] (データへのアクション)リストから、データに対して実行するオペレーションを選択します。この例では[Update] (更新)です。

  • ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

DBブラウザーを使用して、MySQLテーブル、customersが区切り記号付きファイルに従って変更されているかどうか確認します。

上記の例では、データベーステーブルには常に4つのカラム、idCustomerNameCustomerAddressidStateがありますが、一部のフィールドは、使用している区切り記号付きファイル内のデータに従って変更されています。