tNamedPipeOpen標準プロパティ - 7.3

NamedPipe

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > NamedPipe
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > NamedPipe
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > NamedPipe

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtNamedPipeOpenを設定するために使います。

Standard tNamedPipeOpenコンポーネントはファイルファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

Name (名前)

フィールドに名前付きパイプの名前を入力します。

[Delete if already exist] (既に存在する場合は削除)

名前付きパイプの重複を避けるには、このチェックボックスをオンにします。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

PIPE_NAME: 名前付きパイプの名前。これはFlow変数で、文字列を返します。

PIPE_NATIVE_NAME: 名前付きパイプのネイティブ名。これはFlow変数で、文字列を返します。

PIPE_OUTPUTSTREAM: 名前付きパイプの出力ストリーム。これはFlow変数で、オブジェクトを返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは通常、内部プロセス通信ジョブの開始コンポーネントとして使います。

制限事項

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Studioの Integration パースペクティブの[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。外部モジュールをインストールする方法の詳細は、Talend Help Center (https://help.talend.com)を参照してください。