コンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.3

NamedPipe

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > NamedPipe
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > NamedPipe
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > NamedPipe

手順

  1. 次のコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします: tNamedPipeOpentParallelizetNamedPipeClosetFileInputDelimitedtSleeptLogRowtRowGeneratortNamedPipeOutput
  2. [Trigger] (トリガー) > OnSubjobOk接続を使用して、tNamedPipeOpentParallelizeに接続します。
  3. [Trigger] (トリガー) > [Parallelize] (並列)接続を使用して、tParallelizetFileInputDelimitedに接続します。
  4. [Trigger] (トリガー) > [Parallelize] (並列)接続を使用して、tParallelizetSleepに接続します。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tFileInputDelimited to tLogRowに接続します。
  6. [Trigger] (トリガー) > [Synchronize (Wait for all)] (同期(すべて待機))接続を使用して、tParallelizetNamedPipeCloseに接続します。
  7. [Trigger] (トリガー) > [OnComponentOk] (コンポーネントがOKの場合)接続を使用して、tSleeptRowGeneratorに接続します。
  8. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tRowGeneratortNamedPipeOutputに接続します。