tNeo4jImportTool標準プロパティ - 7.3

Neo4j

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtNeo4jImportToolを設定するために使います。

Standard tNeo4jImportToolコンポーネントはビッグデータファミリーとデータベースNoSQLファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[Neo4j database folder] (Neo4jデータベースフォルダー)

tNeo4jImportToolでNeo4jデータベースを作成するディレクトリーを入力または参照します。パスに入力した名前は、このデータベースに名前を付けるために使われます。

[Nodes files] (ノードファイル)

このテーブルに入力して、インポートするノードに関する情報を含むCSVファイルを提供します。

  • [Path to CSV file] (CSVファイルへのパス): 読み込むCSVファイルのパスを二重引用符で囲んで入力します。

  • [CSV headers] (CSVヘッダー): このCSVファイルで使うヘッダーを二重引用符で囲んで入力します。

値を入力する時に、この[Nodes files] (ノードファイル)テーブルのカラム名と共に示したサンプルの構文を使用します。

[Relationship files] (関係ファイル)

このテーブルに入力して、インポートする関係に関する情報を含むCSVファイルを提供します。

  • [Path to CSV file] (CSVファイルへのパス): 読み込むCSVファイルのパスを二重引用符で囲んで入力します。

  • [CSV headers] (CSVヘッダー): このCSVファイルで使うヘッダーを二重引用符で囲んで入力します。

値を入力する時に、この[Nodes files] (ノードファイル)テーブルのカラム名と共に示したサンプルの構文を使用します。

詳細設定

[Neo4j configuration] (Neo4j設定)

テーブルにパラメーターを追加して、作成するデータベースを設定します。

詳細は、Neo4jのドキュメンテーション: Configuration settingsを参照してください。

値を入力する時に、この[Nodes files] (ノードファイル)テーブルのカラム名と共に示したサンプルの構文を使用します。

[Import configuration] (設定のインポート)

テーブルにパラメーターを追加して、Neo4j Import Toolを設定します。

詳細は、Neo4jのドキュメントImport Toolの使用法を参照してください。

値を入力する時に、この[Nodes files] (ノードファイル)テーブルのカラム名と共に示したサンプルの構文を使用します。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

[Global Variables] (グローバル変数)

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、特定の構造で作成された特定のCSVファイルからデータを一括ロードするために、サブジョブでスタンドアロンで使います。

Neo4j Import Toolに必要なCSV構造の詳細は、インポートを参照してください。

tFileOutputDelimitedを使って、使用するCSVファイルを作成できます。その場合は、次の設定に留意してください。
  • [Line separator] (行区切り)

  • [Field separator] (フィールド区切り): ","

  • ヘッダーを含めないでください。

  • ファイルエンコーディング: UTF-8。