ジョブの実行と結果の確認 - 7.3

Neo4j

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Neo4j

手順

  1. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存し、[F6]を押すか、[Run] (実行)タブで[Run] (実行)をクリックして、ジョブを実行します。
  2. Webブラウザーのアドレスバーで、Neo4jデータベースブラウザーのURLz (この例ではhttp://localhost:7474/)を入力し、コマンドラインに次のCypherクエリーを入力すると、両方の間に指定した関係が示された状態でノードが表示されます。
    MATCH (a)-[:`ACTED_IN`]->(b) RETURN a,b;
    図に示すように、ActorsノードとMoviesノードが、ジョブで定義されたプロパティを使用して、関係ACTED_IN経由でリンクされています。