変換されたデータをNetSuiteから取得する - 7.3

Netsuite

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Netsuite
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Netsuite
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Netsuite

手順

  1. 2番目のtNetsuiteInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Endpoint] (エンドポイント)[API version] (APIバージョン)[E-mail] (メール)[Password] (パスワード)[Role] (ロール)[Account] (アカウント)[Application ID] (アプリケーションID)に、NetSuiteへのアクセスに必要な情報を入力します。
  3. [Record Type] (レコードタイプ)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ダイアログボックスが開いたら、NetSuiteからロケーションタイプ情報を読み込むために、[Location] (ロケーション)を選択します。

    ロケーションのレコードタイプに対応するスキーマが自動的に取得されます。

  4. 検索条件を定義します。
    1. [Search condition] (検索条件)テーブルの下にある[+]ボタンをクリックして、1行を追加します。
    2. [Field] (フィールド)カラムのセルをクリックし、ドロップダウンリストから[name] (名前)を選択します。
    3. [Operator] (オペレーター)カラムのセルをクリックし、ドロップダウンリストからString - Containsを選択します。
    4. [Value] (値)カラムのセルにParisと入力し、[name] (名前)Parisが含まれているレコードのみを取得します。
  5. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Mode] (モード)エリアで[Vertical (each row is a key/value list)] (垂直(各行はキー/値リスト))を選択して、結果を読みやすくします。
  7. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、2番目のtNetsuiteInputtLogRowに接続します。
  8. [Trigger] (トリガー) > [OnSubjobOk] (サブジョブがOKの場合)接続を使用して、最初のtNetsuiteInputを2番目のtNetsuiteInputに接続します。